特定課題に対する現場診断の報告書事例のご紹介

前回のコラムでは、ある射出成形の金型メーカーについて、設計やマシニング加工など、さまざまな工程から現場診断を行った報告書の事例を紹介しましたが、今回は、企業が抱えている特定の課題について診断の依頼をうけた場合の診断報告結果をご紹介します。

目次

ある自動車メーカーの金型部門からの診断依頼

診断依頼内容

金型における、主に3D加工面について品質に問題箇所があり、その原因と対策についての診断

診断の内容

加工現場の見学及び、現状プロセスのヒアリング、CAMオペレーターから直接、加工パスの現状診断を行った。

また加工後の金型加工面を目視確認したところ、アプローチ痕と思われるキズや、凹コーナー部での工具ビビリによる食い込みなどが見られた。

診断結果

荒取り→中仕上げ→仕上げというプロセスにおいて、押さえるべきセオリーに基づいて担当者にヒアリングを実施したところ、下記の事例のようなセオリーとのギャップが見られた。

  • 荒取り・中仕上げ工程の意義に認識不足が見られ、それにより特に、最終仕上げ前に行うべき中仕上げ加工での内容に不足が見られるなどの問題点が確認された。
  • 荒取りと中仕上げ後に行うべき切削シミュレーションの確認作業に不足が見られた 。

CAMオペレーターから過去に実際に作成したパスを見ながらヒアリングを行ったところ、次のような課題が見られた

  • アプローチ痕についてはパスの出方に問題があるとの本人の自覚があった。しかし現状、改善の方策が見当たらないとのことであった。
  • 隅部削り残り加工のビビリについて一部本人の自覚があったが、これについては使用しているCAMの機能にも問題が見られた。
    また、等高線と走査線加工を分けていないため、特に角度が立っている隅部については、高い確率でビビリが発生するパスになっていた。
  • 等高線加工と走査線加工の使い分け、最終仕上げと中仕上げでのパスの作り方と加工条件の使い分けによって、加工工数を削減する伸びしろがあることが確認された。

診断結果と今後の方向性

  • 今後の品質改善については、①セオリーを踏まえたプロセス全体の改善(マクロ的視点)、②アプローチ痕やビビリ痕、食い込み・段差の改善(ミクロ的視点)、それぞれ視点を分け、①→②の順番で、改善を進めていくのがよろしいかと思います
  • 品質改善に一定の成果が見られた後は、生産効率改善(工数削減)・稼働率向上(無人加工促進)などの順番で改善を行っていくのがよいと思います。

まとめ

以上が、「3D加工面に発生する加工キズに対し対処ができていない」という特定課題について依頼をうけた現場診断の結果事例でした。

こちらの企業(部門)では中途採用はしていないとのことでしたが、1社だけのノウハウ継承だけでは限界があるんだな、というのが私の感想でした。

これまでご紹介したような当事務所の用意している項目に沿った現場診断も実施していますが、今回ご紹介したように、自社でお困りの技術面や管理面においての問題点について、焦点を絞った診断及びコンサルティングも行っております。

参考になれば幸いです。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる