MENU

無料診断の報告書の事例をご紹介(2)CAM作業編

2020 2/24
無料診断の報告書の事例をご紹介(2)CAM作業編

当事務所のサービスである機械加工メーカーや金型メーカー向けの無料診断について、日刊工業新聞社さんの月刊誌「型技術」でも診断項目を紹介させていただいておりますが、前回に引き続き実際に診断した報告書の事例を紹介したいと思います。

今回は、CAM作業工程の内容です。

申し訳ありませんが、今回も社名は伏せさせていただき、内容も修正してあります。

目次

ある金型メーカーA社の診断報告

CAM工程

3D加工のセオリーを押えた作業手順になっているか

CAM作業者間での標準化はできており、良い状態だと思います。

しかしながらコスト最適な加工方法や工程が組まれている状況とは言えず、自社でコスト最適となる加工標準を作っていくことが急務だと思います。

また、CAMオペレーターは現場加工の経験が浅く、3D切削加工のセオリーまで熟知しているとは言えない状況です。

社内で加工経験を積むためのカリキュラムを作り、中長期的な視野での対応をとった方が良いと思います。

カタログ依存になっておらず、形状やデータに応じた加工条件を使えているか

BT40やBT30相当など、複数のミーリングチャック仕様があり、工具カタログに記載されている加工条件がそのまま使えない状況ですが、実験により加工条件を決めるなど、とても良い対応がとられていると思います。

後は、形状部位によって加工条件を使い分けられるくらい、CAMオペレーターが切削加工を熟知できればさらに良いと思いました。

工具の突き出し長さを分け、工数に配慮したパスの作り方ができているか

使われているCAMの機能上での制約とも言えますが、加工軌跡のZ値で工具突き出し量を決めており、最適な突き出し長さでの段取りになっているとは言えない状況だと思います。

3D加工において、等高線と走査線加工で、加工条件を変えているか

等高線加工と走査線加工が一緒になった機能を使っているため、分けた加工条件にはなっていませんでした。

比較的大きなサイズの金型を扱っており、また緩やかな形状を持つ意匠面の金型もありましたので、ボールエンドミルを使った走査線加工では、等高線加工よりも早い送り速度を使っていただきたいと思いました。

まとめ

今回は以上になります。

次回は、マシニング加工工程についての診断報告事例を紹介したいと思います。

   

   

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

ホームページの技術コラム本の第2巻が発売されました!

第2巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

2パターンの技術セミナーレジュメを販売いたします

   

2パターンのレジュメを販売しております
2パターンのレジュメを販売しております

日刊工業新聞社さん主催で行われた、機械加工メーカー向け金型メーカー向け、それぞれの技術セミナーで配布されたレジュメを販売いたします。どうしても遠方で参加できないといった方や会社さまより、レジュメだけでも使いたいとリクエストがあったためです。

当事務所のホームページに掲載されているコラムの内容がベースとなっておりますが、それとの違いとしては、具体的計算と事例ワークなどを盛り込み、ホームページよりも手厚く解説しております。

本来レジュメと言いますと、図やイラストがほとんどで、言葉による文章が入っていないイメージがありますが、本レジュメはそうではなく、復習がしやすいよう、多くが文章で構成されており、1人で読み進めることができます。

くわしくはこちらのページからどうぞ

【期間限定】専門プロによる無料の現場診断サービス

「うちもいっぺん見てもらおうか」
御社の製造現場を、金型・部品加工業専門のプロ・コンサルタントの目線から一度、無料の健康診断を受けてみませんか?
詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

   

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

目次
閉じる