無料診断の報告書の事例をご紹介(6)会社全般管理・購買・5S状況編

当事務所のサービスである機械加工メーカーや金型メーカー向けの無料診断について、日刊工業新聞社さんの月刊誌「型技術」でも診断項目を紹介させていただいておりますが、前回に引き続き実際に診断した報告書の事例を紹介したいと思います。

今回の事例は最終回になります。会社全般での管理・調達面・5S状況についての内容です。

目次

ある金型メーカーA社の診断報告

会社全般での管理

中長期的な教育の仕組みはあるか・役割ごとに責任と権限は設定できているか

教育については社員の退社などもあり、現在は中断されているようです。

どの会社でも諸事情はありますが、教育が滞っているのは長期的に考えても決して良い状況ではありませんので、早急に対策した方が良いと思います。

①会社全体・②部門ごと・③管理者ごとの年度目標は設定されているか

年度ごとの売上・利益目標は設定されており、まずは良好な状態と言えますが、そこからブレークダウンした、②部門ごと・③管理者ごとの年度目標が曖昧になっているようです。

各管理者や部門が「これを達成すれば、会社の年度目標を実現できる」といった上位目標とリンクした下位目標を設定することで、会社の年度目標が絵に描いた餅になることを回避できます。

早急に上記の仕組みを整えることが重要かと思います。

受注の山谷に対応するための多能工化は図れているか

ほぼ完全な分業体制のため、多能工化はできていません。

多能工化ができていないことで、「山」の受注状態のときに最も必要となる「瞬発力」を発揮することが難しくなっています。

多能工化を行うことで対応できる製造キャパを引き上げることができれば、山谷における「山」の状態、つまり引き合いが多く来たときに、できるだけ多くの型数を受注する、もしくは外注に出す金型を少なくするという対策ができます。

「谷」の状態のときに、しっかりOJTやOFF-JTによる準備を整えておき、「山」の状態が来た時に「多能工」という瞬発力を発揮して来た仕事をできるだけたくさんこなすことが、金型メーカーにおける「多能工化」の真の目的・意義になります。

ぜひ早急に対策を行っていただければと思います。

定期的な改善活動は行われているか

不定期ですが、何かアイデアがあったときに実施されており、最低限の対応はできていると思います。

可能であれば、年次の利益目標からブレークダウンした改善目標を、それぞれの工程や担当者に持たせるといった、トップダウン式かつプロジェクト型の改善への取り組みも、定期的に行うことが必要だと思います。

調達面の状況について

材料業者ごとに得意材料が違うが、ベストなあい見積もりをとれているか

長年の取引によるマンネリな調達活動が行われていることもなく、問題なくあい見積もりなどが実施されているようです。

工場内の5S状況について

ドリルやエンドミルが雑多な保管で、探すのに手間がかかる保管になってないか

一定の整理はされているようですが、探すためのロス時間は発生しているようです。

金型メーカーや機械加工メーカーの業種においては、①安全面、②品質面、③効率性、④客観性という順番で着手するのをオススメしています。

下記のサイトでも事例を紹介していますので、参考にしてみてください。

全体まとめと今後の方向性について

総じて、短期的に作業者の力量に合わせた「過剰品質になりがちだが停滞せず何とか部品ができることを優先した作り方」になっているため、全ての工程においてコスト最適にはなっていません。

今後はコストとリードタイムを少しでも優先させたものづくりに金型部門全体が変革できるよう、社をあげてのプロジェクト活動などを行っていくと良いと思いました。

無料診断報告書の事例は以上になります。読んでいただき、ありがとうございました。

もしよろしければ、御社も利用してみてください。

金型・部品加工業専門コンサルティングからのご案内

「金型メーカー・機械加工業のための自己診断ハンドブック」が発売されました!

自己診断ハンドブックの販売

私がコンサルティングの初回訪問時や、無料診断サービスにおいて、訪問先企業の製造現場で確認する項目を解析付きで紹介しています。

金型メーカーや部品加工メーカーに皆さまに、自社をセルフチェック自己診断)するために使っていただければと思っております。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

ホームページの技術コラム本の第3巻が発売されました!

第3巻の表紙

設計部署や製造現場、管理部署にぜひ一冊。

経営者や部長などマネージャー職の方々から、悩める現場リーダーへのプレゼントにも最適です。

くわしくはこちらのページからどうぞ。

オーダーメイドの社内教育マニュアルを作成いたします

当事務所では、企業さま独自の社内教育マニュアル作成代行しております。

サンプルページ_1
サンプルページ_2
サンプルページ_3
  • 研修機関や工作機械メーカーで受ける基礎講習の先の応用的な内容を社内教育マニュアルにしたい
  • 社内の設計や加工ノウハウについて、作業者ごとバラバラでベストな条件での標準化ができていないので何とかしたい
  • 社内のベテランしかできない加工や設計があり、それを引退前に後輩に伝授しなくてはいけない
  • エース社員やベテラン固有の技術をノウハウ化したい
  • 現状男性の職人さんしか対応できない設計やCAMの作業を、女性パート社員さんでも対応できるようマニュアル化と標準化を図りたい

といった様々なご要望を受け付けております。

当事務所では、一定のヒアリングと現状把握をさせていただいたのち、御社の教科書として、今後長きに渡って受け継いでいけるオリジナルの社内マニュアルを代行して作成しております。

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

CAMや設計パソコン用のデスクトップ壁紙を販売いたします

当事務所のコラムを読んでくださっているユーザー様へ、日ごろのご愛顧の感謝を込めて、CAMや設計でお使いになられているパソコン用のデスクトップ壁紙を販売させていただきます。

今回の壁紙は、お忙しい皆さまに、後工程へアウトプットする直前にお使いいただくチェックシートとしてご活用いただけます。

デスクトップ壁紙は、以下の4種類があります。

金型・部品加工業専門コンサルティングの壁紙

詳しくは、こちらのご案内ページからご確認ください。

4コマ漫画ギャラリーを開設しました

コラムページにプロローグとして添付している4コマ漫画を集めたページを開設しました。

4コマ漫画ギャラリー

こちらをクリックすると入れます

コラム投稿者

金型・部品加工業 専門コンサルティング
代表:村上 英樹(中小企業診断士)
愛知県刈谷市 TEL 0566-21-2054

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる