金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

エンドミル加工、底面仕上げの送り条件は、まだ早くなりますか?

FAQ

エンドミル加工、底面仕上げの送り条件は、まだ早くなりますか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「エンドミル加工、底面仕上げの送り条件は、まだ早くなりますか?」

先日このような相談をいただきました。

 

実際に使用していた工具は、

  • 超硬フラットエンドミル 6枚刃 φ16

でした。

 

さっそく、普段使っている条件で加工していただきました。

加工条件:S800 F200

被削材:S50C

 

その条件で加工した切削面は、次のとおりです。

加工コンサルティング中の切削加工面_1

 

Rz値を測ったところ、6.3zぐらいでした。

 

では次に、下記の条件で、同じように、底面仕上げの加工をやってもらいました。

使用工具:スローアウェイ 超硬チップ φ16 ノーズR2 2枚刃

加工条件:S3980 F1780

 

 

仕上がり面は、次のとおり。

加工コンサルティング中の切削加工面_2

 

Rz値を測ったところ、同じく6.3zぐらいでした。

 

どうでしょう。

相談企業は、主に小物の精密切削部品を加工しているのですが、オペレーターの方は、普段から前述した、フラットエンドミルを使って、S800 F200の条件で加工していました。

 

これは、切削速度に換算すると、

  • Vc=40m/分

ていどになり、超硬エンドミルを使って、S50Cを仕上げ加工するには、かなり物足りない条件です。

 

そこで、同じマシニングのATCに付けてあった、同じφ16のスローアウェイで、底面仕上げ加工してみた、というわけです。

それで加工した時の切削速度は、

  • Vc=200m/分

です。

 

同じRz値6.3zとはいえ、スローアウェイの方の条件は、F1780ですので、およそ9倍の送り条件が出せています。

このF1780は、6.3zを狙った計算式から算定したものです。

 

このように、少しでも効率的な工具を選び、定量的に計算式を使って、狙いどおりの加工条件を出していけば、より効果的にマシニング加工、フライス加工の生産性を改善していけます。

 

ぜひ試してみてください。

 

金型・部品加工業専門コンサルティング

技術コンサルタントshoei

代表コンサルタント:村上 英樹

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA