金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

ラフィングエンドミルのメリットと工具特性を教えてください

FAQ

ラフィングエンドミルのメリットと工具特性を教えてください

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「ラフィングエンドミルのメリットと工具特性を教えてください」

クライアント企業から、このようなご質問をいただきました。

 

今回のFAQは、この点についてまとめてみます。

まず、加工現場でラフィングエンドミルといえば、下図のような工具を指して呼んでいます。
ラフィングエンドミルの刃の山の頂点の形状

http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/223000435379/?

「オーエスジーのラフィングエンドミル (ハイス)|MISUMI-VONA」サイトより (最終閲覧日:2016年4月1日)

 

上の図にも書いておりますが、工具の外周には、丸などの頂点を持つ凹凸が波状に付いています。

これは、回転すると、ちゃんと凹のところに次の山の凸部が来るように設計されており、工具を回転させると、外周の刃の凹凸はまっすぐの直線に近くなります。

 

この外周刃の凹凸により、次のようなメリットが得られます。

  • 切りくずがつながらずに、細かく分断される。
  • 切削油が凹部に入り込み、切削中の工具にまとわりつきやすく、冷却・潤滑効果が高まる。

 

よく切削性を評価する要素として、次の3つが言われます。

  1. 工具の寿命
  2. 仕上がり加工精度
  3. 切りくずの対処のしやすさ

 

このまさに3番目の「切りくずの対処のしやすさ」において、ラフィングエンドミルは、細かく分断された切りくずがモリモリ出ることで、特に荒取り加工において、効果を発揮します。

 

では、チップ式のスローアウェイ工具での荒取り加工と何が違うのでしょうか?

 

このラフィングエンドミルを使うことの最大の効果は、外周刃が波状になっていることで、Z深さ方向(工具の軸方向)やXY方向(工具直径方向)で深く切り込む場合であっても、もし外周に凹凸のないスローアウェイ工具であれば、ビビリが発生してしまうような切削抵抗の高い加工であっても、ラフィングエンドミルであれば、ビビリを抑えて加工することができます。

 

ただし、この効果は、特に、Z深さ方向(工具の軸方向)の切り込み深さが浅い場合には、その効果は発揮しにくいと考えます。

理由は、外周刃の当たる範囲が少なくなるためで、そのような浅い切り込みの加工であれば、超硬スローアウェイチップによる高速送りで加工した方が、加工効率は高いと考えます。

 

これは、下図のような外周刃に凹凸のないソリッドエンドミルと、ラフィングエンドミルとの比較においても同様かと考えます。
凹凸のないソリッドエンドミル

http://jp.misumi-ec.com/vona2/detail/110600007850/

「TSCシリーズ超硬ラジアスエンドミル 4枚刃/スタブタイプ|MISUMI-VONA」サイトより (最終閲覧日:2016年4月1日)

 

では、上記の外周刃に凹凸のないソリッドエンドミルやチップ式のスローアウェイと、ラフィングエンドミルをどう使い分けると良いのでしょうか。

 

次のような場合で積極的に、ラフィングエンドミルを使われてはいかがでしょうか。

  • XY方向(工具直径方向)の切り込み幅において、半径よりも多く切り込む場合。凹凸のないソリッドエンドミルやチップ式のスローアウェイは、半径以上切り込むと、とたんにビビリやすくなります。
    _
  • Z深さ方向(工具の軸方向)において、工具直径と同じくらい切り込む場合(その時、XY方向(工具直径方向)の切り込み幅も大きい場合)。凹凸のないソリッドエンドミルやチップ式のスローアウェイは、Z深さ方向(工具の軸方向)の深い加工は、ビビリやすかったり、そもそも刃長が足りなかったりもします。
    _
  • 外周から自由にアプローチできるような凸形状の3次元加工の場合。逆に凹形状でフラット形状のラフィングエンドミルを使う場合、Z方向アプローチが厳しくなります。ボール形状のラフィングエンドミルなら加工できますが、側面の凹凸外周刃よりも、先端のボール部の凹凸効果は少なそうです。
    _
  • ワークに剛性がなく、ワーク自体に振動・ビビリが発生しやすいような形状の場合。スローアウェイ工具などの高速回転する工具では叩いてしまい、ビビッてしまう場合。

 

切削加工において、仕上げ加工は加工面や寸法などの品質が影響するので、スピードアップにどうしても制約を受けますが、荒取り加工は、いかに効率良く素材を除去していくか、ここが勝負になります。

 

さまざまな切削工具が開発されており、どの工具を選ぶか、わりと硬直的になってしまいがちですが、そもそもどういった効用があるのか、理解したうえで、使い分けたいものです。

 

 

※ 実際の加工においては、工具材種だけでなく、被削材の物性、機械剛性、工具の消耗状態、被削材のクランプ状態などの外的要因で、如何様にも状態は変化するため、実際の加工においては、自己責任のうえ、充分な確認・検証を行ったうえで、加工してください。

 

金型・部品加工業専門コンサルティング

技術コンサルタントshoei

代表コンサルタント:村上 英樹

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA