金型・部品加工業専門コンサルティング

金型・部品加工業専門コンサルティング(加工コンサル)は、金型メーカーや、マシニングなどの機械加工業を専門とする経営コンサルタント事務所です。

TEL.0566-21-2054

〒448-0853 愛知県刈谷市高松町5-85-2

部下や従業員にナメられると悩んでいる、上司や経営者さんへ

FAQ

部下や従業員にナメられると悩んでいる、上司や経営者さんへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

「部下や従業員にナメられたり、反発を受けたりします」

 

最近、こういったご相談を、本当にたくさん、受けることが多いです。

 

なぜ、こういった状況が多くなったのでしょうか。

 

私は、最近の上司や経営者さんが、下の人間に「教える」という行為が、減ってきた、無くなってきたことが原因だと考えています。

 

私は金型、金属加工業の専門コンサルなので、最近この分野の製造現場に多いと感じるのが、次のように、加工を教えられない上司や経営者さんが多くなったということです。

 

  • 異動などによって、加工をやっていないのに、加工部門の上司になる
  • 営業畑オンリーの2代目、3代目の経営者さん
  • 設計しかやっていない、製造現場経験のない中間管理職さん

 

このような状況になると、製造現場の人間からすると、加工を知らない人から仕事の「指示」だけを受ける状態になり、「じゃあ、あなたがやってみろよ」といった心情が生まれやすくなります。

 

こうした状況について、私が思うことは、「教える」ということがなくなったら、上の立場の人間の威厳は保てなくなるということです。

 

言い換えれば、「いついつまでにこれをやってください」とか、「次はこれをやってください」という「指示」だけでは、上司としての支持は得られにくいということです。

 

昔は大勢いた、カリスマ職人の町工場の社長さんに威厳があったのは、直接、現場作業をやってみせて「教える」ことができたためです。

 

これであれば、教えられた下の者は「メリット」を感じます。

言い換えると、仕事の「指示」は、メリットを感じることはありません。「いついつまでに、これを何個やっておきなさい」という仕事の「指示」は、どちらかというと苦痛を生む方に働きます。

 

では、直接加工をやっていなければ、上司や経営者としての威厳を保てないかというと、そうではありません。「教える」ことは色々あるはずです。

 

例えば、管理のしかた、整理整頓のやりかた、仕事の回し方、経済情勢や工作機械のこと、最新工具の情報など、「加工」以外にも多くのことがあります。

 

内容は何でもいいので、要は「教える」という行為ができているかどうかです。上司という肩書きを使って、「指示」をするだけでは、下の者も嫌になってきます。

まして、上司という肩書きだけで、尊敬など得られるわけがありません。

 

ということで、、、「勉強」は学生だけのものではありません。ホワイトカラーでも、製造現場で働いていても、社会人こそ「勉強」が大事だと思います。

 

どうでしょう、「勉強」をやっておりますでしょうか?

 

上司や経営者たるもの、常に下の者に「教える」ことができるネタを常に蓄えておきたいものです。

 

※ 中小企業でしたら、下記サイトの補助を使って、無料のコンサルティングを行うことも可能です。ご検討ください。

https://www.mirasapo.jp/specialist/

(金融機関や商工会議所、公的機関を通して申請をすることができます)

 

*****************
金型・部品加工業専門コンサルティング

技術コンサルタントshoei

代表コンサルタント:村上 英樹

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA